170524 横浜・鎌倉27(ホテル2)

目の下 ホテル前の広場から賑やかなマイクの音が聞こえる
その音に惹かれて寒さの中 外に出てみる
まだ若い大道芸人がちょうど椅子を使ったパフォーマンスをやっている
凍えるような海風の中でやっている若い人も凄いけど
その寒さの中 それを目を輝かせながら見つめている子ども(兄妹)が素敵だった

1 2
 
3 4

ホテルのスタッフにどの位経つのですかと聞くと
もう20年経っています でもメンテナンスを繰り返して新しさを維持しています
と少し誇らしげに言う
下の写真は翌朝タクシーに乗る前に女性スタッフが撮ってくれたもの
ホテルマンって どうしてこんなに優しいのか

5
 

24

05 2017

170521 横浜・鎌倉26(ホテル1)

「横浜・鎌倉」に戻ります
3日目の宿は「横浜ベイホテル東急」
自分でネットで調べて 自分でネットで予約しました
ちょっと じ・ま・ん !!
みなとみらいの中心に位置し とか みなとみらい駅から徒歩1分というコマーシャルに惹かれて

1 2

一歩中に入ると色鮮やかな2階ロビーが迎えてくれる
アフリカをイメージしているのかな
部屋のバルコニーからはこれも色鮮やかなみなとみらいの夜景が目の前に広がっている

3 4
 

21

05 2017

170518 ダイダイの花

1 2

いろんな場面で「もう1年がたったのか!」と振り返るのですが
夜歩いていると決まって強烈な匂いのする場所がいくつかあります
その匂いのことを昨年の5月16日のブログに「甘酸っぱい 艶めかしい 色っぽい匂いである」と書いています
匂いの話になると下の娘(といってももう40歳かな?)が小学生か中学生だった時
キンモクセイの匂いがすると秋になったなあって思うんだ なんていっちょまえの口をきいたのを思い出す
1年が経つのがずいぶんと早くなりました

18

05 2017

170516 ニゲラ

13

4月のいつだったか 玄関ドアの前に何かの苗が5本置かれていました
誰が置いたのか メモもなし 連絡もありません
いかにも田舎の風景に見えませんか
アパートが次々と建ち 新築の家も増え 知らない人が多くなりました
それでも昔からの人も残っていて 時々こんなことが起きます

ニンジンに似ていたので畑に植えました
ところがなんと蕾が出て来て可憐な蒼い花が咲きました
名前は「ニゲラ」(←クリック)
花言葉は「ひそかな喜び」

11 12
 

16

05 2017

170514 書の二人展

1

何年振りかに「コアやまくに」に行ってきました
20年ぶりに懐かしい顔に会ってきました
ひとりは用務員さんとして
一人はPTAの幹事さんとして
山国の三郷小学校に教頭として勤務した時にいろいろと助けていただきました
忘れずに(これが幸せ者です)案内状をいただき出かけてきました

2 6

昔の話がたくさん出てきました
これがなによりです
とはいえ前を見ることよりも振り返ることが多くなる年になりました

 

14

05 2017

170512 小倉2

昼から彼女は井筒屋へ 私は漫画ミュージアム(クリック)
小倉駅の北口にそのビルはある

1 2

入場料は一般400円 目的は「黄昏流星群」
「老いゆく過程で光り輝く物語たち」とでも言うか
よく漫画喫茶でむさぼるように読んでいました
もう一度ゆっくり読みたい・読めるんだとわくわくしながらミュージアムへ
ところが作家別に展示されているので「弘兼憲史」を度忘れして見つからない
年は取りたくないものです

3 4

仕方ないのでかわぐちかいじの作品を探す
「空母いぶき」を読みたかったのだが
あったのは「沈黙の艦隊」と「アクター」に「ジパング」
選んだ「ジパング」も3時間で12冊がやっと
いつか朝から昼食抜きで読んでみたいもんだ

ミュージアムの中は撮影禁止でした

12

05 2017

170510 小倉1

小倉に二人で出かけたのはいつ以来だろう
東九州自動車道が開通してからは利用していないのだから1年は過ぎている
メインは私の運動靴を買うためなんだが
イタリアに行く時 石畳が多く滑りますからくれぐれも履きなれたものを 滑りにくいものをと言われて小倉のリバーウォークに買いに行ったのが2013年の5月だから4年は過ぎた

1 2

この4年間ずっと履き続けたものだから
底はすり減り かかとは擦り切れ 見るも哀れな姿になってしまった
自分ながら「こだわり」というか「一途」というか「執着」というか・・・・・

3 DSC_0010
 

10

05 2017

170508 五月の庭2

7 8
6 5

そうそうこの写真を撮っている時
隣の畑に大きな鳥が身動きせずに佇んでいました
その姿はなにか物思いに浸っているように見えました
時々庭の横を流れる水路でじっと水面を覗きこんでいる奴です
昨日も畑にいると近くの子どもがふたり
おじちゃん(おじいちゃんでなくて良かった!)鯉をとったよと見せてくれたのは
バケツから半身がはみ出していた
まさかあの鳥も鯉を狙っていたのではなかろうが・・・・・・・

別名
 

08

05 2017